公開履歴
笑顔で親指を突き出している男性

EDになってしまう原因として、加齢、心因性、神経系の障害、乱れた生活習慣などがあげられます。
最近は若年層のEDがとても増えてきております。若年性のEDの原因としてもっとも多いケースとして、心因性が挙げられます。
心因性とは、慢性的なストレスや不安、うつ状態などから勃起不全と関係しております。
過剰なストレスが男性ホルモンの分泌を抑制し、勃起の阻害となってしまいます。
また、初めての性行為の失敗にたいするトラウマから性的コンプレックスを抱いてEDになるケースもあります。
ED治療として、まず、心因性が原因の場合には、ED治療薬を服用することがとても効果があります。
ED治療薬自体の効果だけではなく、薬を飲んでいるという安心感を得ることができることからです。
効果が長く続き副作用が少ないため使用しやすいシアリスは初めてED改善薬を使ってみる人には非常におすすめです。
ただ、いつまでも薬の服用に頼っているわけにもいかないため、患者の特徴にあわせて調節していくことになります。
また、最近では、生活習慣病の低年齢化が進行しており、若年性であっても、生活習慣病による動脈硬化が原因でEDになってしまう場合もあります。
その場合のED治療の方法として、まず、ダイエットなどで、動脈硬化へのリスクを減らすことが挙げられます。
また、タバコも血管を収縮させてしまうため、禁煙をすることもとても大切です。
若年層のEDは、病気に対する抵抗感があり、なかなか治療に当たることができないことがあります。
ED治療に対する抵抗感により、治療に当たることができないという人も多いため、医院やクリニック側からの配慮もとても重要になります。
若年性のED治療には、適切な治療を行う必要があります。
EDの種類によって治療法が異なるため、適切な診療を受け、治療に向けてしっかりと取り組むことがED治療の一番の方法と言えます。