• ホーム
  • EDが若年化する主な原因と対策

EDが若年化する主な原因と対策

2019年06月26日
No1サインを出している男性

かつては、EDに悩む男性といえば中高年がその大半を占めていましたが、近年では若い世代にも増えてきています。
EDによる生活への影響というものは、一般的に中高年よりも若年層の方が深刻であるケースが多い為、しっかりと改善を目指す必要がありますが、正しいED治療の為にはまず原因を把握することが大切です。
中高年層のEDは、一般的に加齢による動脈硬化や生活習慣病による血管障害が原因となっているケースが多いですが、若年性の場合、そういった身体的な問題よりも心因性のものが多くなっています。
緊張や焦りはもちろん、幼児期のトラウマなども若年性EDの大きな原因ですが、近年では生活の中で若年層の抱えるストレスが増加傾向であることが、EDの若年化の一因です。
心因性のED治療においては、当然ながら原因となる心理的ストレスを取り除くことが重要となります。
専門医のカウンセリングを受けながら、正しく原因の解消に努めることが大切ですが、EDによる自信の喪失が更なる症状の悪化に繋がるという悪循環を避ける為にも、配偶者や恋人の協力も必要不可欠です。
また、中高年層より割合は少ないものの、近年では若年層でも生活習慣病を原因とするEDが増えています。
食習慣の欧米化などに伴い、生活習慣病の若年化が進んでいるのがその要因ですが、この場合は放置していると深刻な疾病を発症してしまう恐れもあるので、特に正しく診断と治療を行うことが重要です。
加齢による身体の衰えの現実を受け入れやすい中高年層と異なり、若年層の場合はEDの症状に羞恥心を感じ、治療が遅れてしまうというケースも見られます。
しかし、対応が遅れることで症状が深刻化してしまう恐れもあるので、ED治療は早期に開始することを心がけましょう。

関連記事
評判が高く本物保証のある業者からED治療薬を買う

ED治療薬は、医療機関を受診すれば処方してもらえます。それ以外の入手方法には、ネットの個人輸入代行業者を通して手に入れる方法があります。ED治療薬は日本では未認可なので、海外通販をする形になります。そうなると海外から薬を輸入するしかないのですが、その時に輸入手続きを代わりにやってくれるのが個人輸入代

2019年11月09日
若者のED治療に対する抵抗感

ED(勃起障害)は50代以降の比較的年齢が上の男性がなるというイメージから、若者はED治療に抵抗感を持つことが多いです。しかし、最近ではED患者の年齢は低年齢化しつつあります。特に顕著なのが30代で、仕事や人間関係による心因性のEDを患う人が増えています。年齢が高い人が罹るというのは、おそらく動脈硬

2019年07月10日
ED治療はクリニックかチューブ式の医薬品か

ED治療を検討する時に、クリニックで治療を受けるか?それともチューブ式の医薬品を用いて改善を図るのかわかれるでしょう。勃起不全はED治療薬を用いることで改善する期待がありますが、クリニックで診てもらうというのは、恥ずかしいという人も多いでしょう。そのような方はまずチューブ式といった医薬品で様子を見て

2019年08月28日
新宿でED治療を行って症状を改善したいときは

新宿で忙しく働くサラリーマンは、ストレスや疲れをため込んでいる方が多いですが、中にはパートナーとの夜の生活すら出来なくなっているほどの人もいるようです。若い頃は多少疲れがあっても気にならないほどのスタミナがあったはずだし、精力もみなぎっていたはずなのにと思い、落ち込んでいるような方もあるかも知れませ

2019年10月12日
射精障害に効果のあるED治療薬と精力剤の違い

勃起不全や射精障害を直すためには、ED治療薬や精力剤を飲まなければならない。こう考える人もいますが、この認識は正確であるとはいえません。なぜなら、ED治療薬と精力剤ではその性質や効果の現れ方に違いがあるからです。まず精力剤というのは、健康食品の一種であり、男性の性欲増進を目指したものではありますが、

2019年09月13日
土気駅周辺でED治療薬を・ペニス増大の利点

ED治療は、男女間の健全な関係を維持するため、必要なアクションです。男性機能は心労や季節によって、左右されます。軽度の減退であれば、休息を得る事で自然回復します。ただし、ED治療が必要な場合も多く、勃起不全が二度三度と頻発し始めた際は、身近なクリニックに相談すべきです。土気の駅周辺には、ED治療薬を

2019年07月30日