• ホーム
  • 高血圧でも服用できるED治療薬と中国漢方薬

高血圧でも服用できるED治療薬と中国漢方薬

2020年01月11日

高血圧や糖尿病は動脈硬化の原因となり、正常な血流を妨げることから、EDのリスクを高めると言われています。
ED治療薬は興奮を高めるようなイメージがあるので、高血圧の人が服用するのは有害に思えるかもしれません。
しかしED治療薬の成分であるクエン酸シルデナフィルには、性的興奮を高める作用はなく、海綿体の血流を増加させて勃起を持続させる薬です。
むしろ血圧を少し下げる作用があるため、高血圧の人でも問題なく服用できます。
ただし低血圧の人や、高血圧の治療のため降圧剤を使用している人は、血圧が下がりすぎてめまいや立ちくらみを起こす可能性があります。
また血圧が高すぎるのに治療をしていない人は、ED治療薬が禁忌となる場合もあるので注意が必要です。

中国漢方薬の中にも、ED治療に効果があるとされたものがあります。
たとえば柴胡加竜骨牡蛎湯は動悸を鎮め精神を安定させる効果があり、八味地黄丸は四肢を温めて活動を促すとされています。
ほかにも補中益気湯や大柴胡湯などが、症状に合わせて選択されます。
中国漢方薬は体質を改善するのが主な目的で、シルデナフィルのような即効性はありません。
そのため長期間服用する必要があり、効果が実感しにくいというデメリットがあります。
しかし器質的な障害がなく、精神的な問題でEDに陥っているなら、中国漢方薬が向いている場合もあるでしょう。
また中国漢方薬の中には保険が適用されるものもあり、比較的安価なことも長所です。

柴胡加竜骨牡蛎湯や大柴胡湯は、漢方では高血圧を改善するためにも用いられます。
したがって高血圧の人が服用しても構いません。
ただし漢方薬は体質によって合わない人もいるので、できるだけ医師と相談して服用するのが望ましいと言えます。

関連記事
ED治療薬を使えば大丈夫と思うことが大切

ED(勃起障害)は、気持ちの問題も大きいです。前もダメだったから今度もダメだろうと考えるのではなく、治せるものだと軽い気持ちで臨むことが大切です。それに役立つのが、ED治療薬です。もっとも有名なのはバイアグラですが、そのほかにも持続時間や効果が現れるまでの時間、食事の影響を受けるかどうか、などの種類

2019年12月07日
評判が高く本物保証のある業者からED治療薬を買う

ED治療薬は、医療機関を受診すれば処方してもらえます。それ以外の入手方法には、ネットの個人輸入代行業者を通して手に入れる方法があります。ED治療薬は日本では未認可なので、海外通販をする形になります。そうなると海外から薬を輸入するしかないのですが、その時に輸入手続きを代わりにやってくれるのが個人輸入代

2019年11月09日
若者のED治療に対する抵抗感

ED(勃起障害)は50代以降の比較的年齢が上の男性がなるというイメージから、若者はED治療に抵抗感を持つことが多いです。しかし、最近ではED患者の年齢は低年齢化しつつあります。特に顕著なのが30代で、仕事や人間関係による心因性のEDを患う人が増えています。年齢が高い人が罹るというのは、おそらく動脈硬

2019年07月10日
ED治療はクリニックかチューブ式の医薬品か

ED治療を検討する時に、クリニックで治療を受けるか?それともチューブ式の医薬品を用いて改善を図るのかわかれるでしょう。勃起不全はED治療薬を用いることで改善する期待がありますが、クリニックで診てもらうというのは、恥ずかしいという人も多いでしょう。そのような方はまずチューブ式といった医薬品で様子を見て

2019年08月28日
新宿でED治療を行って症状を改善したいときは

新宿で忙しく働くサラリーマンは、ストレスや疲れをため込んでいる方が多いですが、中にはパートナーとの夜の生活すら出来なくなっているほどの人もいるようです。若い頃は多少疲れがあっても気にならないほどのスタミナがあったはずだし、精力もみなぎっていたはずなのにと思い、落ち込んでいるような方もあるかも知れませ

2019年10月12日
射精障害に効果のあるED治療薬と精力剤の違い

勃起不全や射精障害を直すためには、ED治療薬や精力剤を飲まなければならない。こう考える人もいますが、この認識は正確であるとはいえません。なぜなら、ED治療薬と精力剤ではその性質や効果の現れ方に違いがあるからです。まず精力剤というのは、健康食品の一種であり、男性の性欲増進を目指したものではありますが、

2019年09月13日
土気駅周辺でED治療薬を・ペニス増大の利点

ED治療は、男女間の健全な関係を維持するため、必要なアクションです。男性機能は心労や季節によって、左右されます。軽度の減退であれば、休息を得る事で自然回復します。ただし、ED治療が必要な場合も多く、勃起不全が二度三度と頻発し始めた際は、身近なクリニックに相談すべきです。土気の駅周辺には、ED治療薬を

2019年07月30日
EDが若年化する主な原因と対策

かつては、EDに悩む男性といえば中高年がその大半を占めていましたが、近年では若い世代にも増えてきています。EDによる生活への影響というものは、一般的に中高年よりも若年層の方が深刻であるケースが多い為、しっかりと改善を目指す必要がありますが、正しいED治療の為にはまず原因を把握することが大切です。中高

2019年06月26日